解決!トマトの尻腐れ

アクセスカウンタ

zoom RSS むずむず脚 ではありませんか?

<<   作成日時 : 2013/09/02 11:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

               <むずむず脚症候群ツボ?>

この記事は今現在、むずむず脚症候群で悩まされている方の為に投稿させていただきました。
最後に商品が登場してくるような記事ではありませんので安心してお読みください。(笑)
むずむず脚症候群についての一般的知識の記述は省略し、さっそく本題へとまいります。

足の指の図の赤丸で囲まれたところを触ってみてください。
各指の下方、指の中心線より内側です。( 左足なら右側、右足なら左側 )
小さな骨の突起がないでしょうか。
それを強く押してみてください。
手の指の爪を使ってみてもいいです。
痛かったら、それがあなたのむずむず脚症候群の症状を改善してくれる 「ツボ」 である可能性があります。

骨の一部を 「ツボ」 と言ってもいいのかはわかりませんが、健康情報バラエティー番組 『駆け込みドクター!』 で北里大学 東洋医学総合研究所の伊藤剛医師が「腸に良いツボ」についてのお話しの中で
(ツボは)悪いと痛い、悪くなければ痛くない。(ツボは)異常がわかると同時に、治療点でもあるんですね。
とおっしゃってました。痛いところを刺激して私のむずむず脚の症状は改善しましたので 「ツボ」 と呼ぶのがふさわしいかと思います。

私の 「ツボ」 は左足の中指 (青い丸) にありました。
むずむず脚症状の無い右足の小さな突起には全く痛みを感じません。

また、図では示していませんが、各 「ツボ」 の2〜3cm下のほうにも小さな突起があると思います。
実は、この中にも押すと痛い 「ツボ」 があったのですが、今では何も感じなくなってどれだったのか分からなくなってしまいました。
こちらの方も痛いところがないか探ってみてください。

【追記】
この記事を投稿してから6日後の今日(9月30日)ですが、上記の青い丸の 「ツボ」 の痛みが軽くなり、代わりに薬指の下のほうにある小さな突起に、押さえた時の痛み (強くはないですが) を感ずるようになっていました。
一体何が起きているのか、本当、知りたいです。
【追記 終】

むずむず脚症候群は原因も発症部位も症状も治療法も人さまざまでしょう。
この 「ツボ」 押しが、すべての人のむずむず脚症候群の症状緩和に効果があるなどと言うことはとうてい出来ません。
ただ 「ツボ」 を押してみて痛みを感ずれば、私の体験からして、むずむず脚症候群の症状は改善に向かうと思われるのです。

以下、<むずむず脚症候群私の場合> です。

画像

【発症】
むずむず脚症候群の発症は私が高校生だったころです。
当時はインターネット環境などは無く、むずむず脚症候群という病名も知らず、ただ脚がむずむずするなあで終わっていました。
我慢強い私(笑)は、以来数十年間、ほとんど人に話すこともなく一人で悶々とむずむず脚に耐えてまいりました。

画像

【症状】
左足だけなのですが、眠りにつこうとする時に足に不快なもの感じ、足を動かさずにはいられなくなり ( じっとしてはいられなくなり )、足をピクッと動かしてしまいます。
これが何度も何度も続きます。
どれくらい続くのか、その時間はまちまちですが、一晩中と言っていいくらい続いて眠れない時もありました。
夜はもっぱら寝入りばなでしたが、昼寝の時はピクピクッで起こされることが多かったです。
あと、朝、目覚めてから起床までの間に数回ピクピクッとなることもあります。

今回初めて知ったのですが、日中にも症状が現れるというのはむずむず脚症候群としては重症だったのですね。
NHK ためしてガッテン 睡眠力アップの重大発表!熟睡のカギは脳にあり

画像

【過去の対策】
太ももの内側・外側をマッサージする。
ふくらはぎをもむ。
足裏をもむ。
青竹踏みのようなことをして土踏まずを刺激してみる。
骨盤のまわりをもむ。
入浴する。
等々、思いつくまま色々やってました。
いくらか症状が改善することもありました。
これでもダメなときは → あきらめて起きる。(笑)

骨をマッサージするという発想は無かったので、今まで小さな突起の存在に気付かなかったのか、あるいは数十年の間のある時点から痛みを伴うようになり、それが最近の話だったのかはわかりません。

画像

【治療】
こんなに不快な思いをさせられてきたむずむず脚ですが、何故か病院へ行って治療を受けようとは思いませんでした。
むずむず脚は病気という認識があまり無かったからかもしれませんし、むずむず脚症候群はあきらめて我慢する病気のように思ってたのかもしれません。
それでも今年、他の病気で毎月通院してる先生に伺ってみました。
治療薬はあるとのことでしたが、あまり薬をふやしたくなかったので我慢(笑)しました。

画像

【 「ツボ」 発見】
今年のことですが、足裏全体に毒素がたっぷりたまってるかのような不快な感じが続いた時期がありました。
足裏マッサージにでも救いを求めたくなるような不快さでした。
これもむずむず脚症候群の一つの症状なのでしょうか、過去にはあまりなかった症状です。
そんなある時、テレビを観ながら足裏と足の甲、指を念入りにもんでいたところ、足の指の骨に小さな突起があることに気付きました。
そして強く押してみると痛いのです。
さらに手の親指の爪で強く押すと足の指がピクッと動きました。
まるでむずむず脚発症中の感じを再現したかのようなものであり、これはもしかして、と思いました。

画像

【劇的改善】
「ツボ」 押しをしてからは、寝入りばなのむずむず脚発症はほとんど無くなりました。
ただ、足の指あたりにピクピクッの一歩手前のようなむずむず感が生ずることはあります。
昼寝の時はごく軽くピクピクッとなって目が覚めることもあります。
朝、目覚め後にピクピクッとなることもあります。
それでも、眠りにつこうとするのを延々と妨げられることが無くなったことは大きな効果です。
私のむずむず脚症候群の症状は劇的に改善したと言っても許されるのではないでしょうか。
「ツボ」 の軽い痛みはまだ続いています。
この痛みが完全に消えた時がむずむず脚症候群の完治となるのでしょうか。

画像

【おことわり】
小さな突起の正体は何なのか?ネットでむずむず脚症候群について調べてみましたが、そのような突起の存在自体について記述された記事や画像は見つけられませんでした。
名称もないのでしょう。
私は、私と同じような症状のむずむず脚症候群の方にこの 「ツボ」 押し、マッサージを強くお勧めしたいところなのですが、この正体不明の突起に何度も強い刺激を与えて何か副作用は無いのか?という懸念もあります。
従いまして、この 「ツボ」 押しは、あくまでも自己責任にてお試しくださるようお願いいたします。

〔2015年9月24日投稿〕 
 
※ 本記事中のイラストはトップの「足の指」と吹き出し以外はすべて かわいいフリー素材集 いらすとや さんのイラストを使用させていただきました。
 (使い過ぎ?)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

全記事一覧

むずむず脚 ではありませんか? 解決!トマトの尻腐れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる